ジャンル カテゴリー 講 師
美容・健康・癒し ドゥワセラピー 手のツボ講座 橋本 例子

美容イベント

塩野浩子
生活文化 お片づけ講座
大黒裕佳子
趣味教養
「カタカムナ」を語ろう ゲスト:南 正雄
ことば体験教室:どこからでも詩に出会えます 寺田 操
心癒すサンキャッチャー&アクセ作り 相原由子
タロットカードを学ぶ教室
塩野浩子
タロットカウンセリング 塩野浩子
アート&クラフト ワイヤーアートの願い石アクセサリー
塩野浩子
リキューの気軽に絵手紙 リキュー
特別講座    

  

 

セルフメンテナンスの決定版
2回で学べるドゥワセラピー 手のツボ講座

 手にあるツボを刺激して脳に信号を送り、自分で悪いところを治すセルフケアの決定版です。最近になって、耳や足だけでなく手にも多くのツボがあることがようやく理解されるようになって来ましたね。
 講座の1回目は基礎理論と実技。2回目は磁気共鳴測定器Quantum Resonance Magnetic Analyzerで女性245項目、男性238項目の全身健康診断。(膨大なデータは後に圧縮ファイルにてメール送信します)分析後、気になるところのケアを学び総復習します。
 2回で完結し《初級講座修了証》も貰えますが使わなければすぐ忘れてしまいます。もう一度復習したい時は、第1週の開講日に参加してください。(参加費2,600円)

 

 

詩は自分を元気にするために書く。
寺田先生は心の「ことば」を見つけてくれる。

寺田先生が紹介してくださる詩人の作品だけでなく、絵や写真について話しているとき、先生が「今の言葉、それでいいのよ」と、私の言ったコトそのままで数行の詩ができた。「さあ、思ったままに書きなさい」と言われても出てこない言葉は、普通に喋っている中に転がっているのだと知った瞬間。「写真に添えて書いてもいいわね」と見せてもらったサンプルに驚きながらも希望が見えて、家で作って見てもらったら、先生がニッコリ微笑んで「素晴らしい作品になったじゃない!」。ことばと遊べるようになる、ステキな時間です。

 

 

小さくても菜園があれば作って食べて楽しめる。
高堂さんの野菜作りは優しさも筋金入り!

 有機栽培で野菜を収穫し食べて楽しむ。そのお話が分かりやすく、新しい人生の提案にもなって講義や講演に引っ張りだこに。
 きっかけは『定年菜園のすすめ――シンプルなオーガニックライフ』という本で、「定年菜園」のコピーがヒットした。野菜作りのポイントは「おいしさですよ」ときっぱり。趣味で和太鼓を叩くびっくり喜寿の快男児!

 

 

ペインティングで音楽や朗読とコラボレーション。
ハートアートで心を描くリキュー先生。

「歌も楽器もあきませんなあ」と笑う気さくなオッチャンが、ミュージシャンとステージ上でペインティングでセッションする。「まさにライブ、そしてハートなんです。二度と同じものは描けません」。カッコいい。
「ロックだぜ!」のハートから元祖笑顔の招き猫まで形にとらわれず自由奔放、独自の世界を持つアーティストだ。美術や音楽に留まらず、映画、歴史、食に至るまで、頭の中はステキな雑学のルツボ! お話しいっぱい聞かせてください!

 

 

片付けが苦手なズボラ人間?!
ズボラなまま、お片付けの魔術師になった大黒裕佳子先生。

40歳を過ぎて「正しい片づけ方法は存在しない」ライフオーガナイズに出会い、片付けへの思い込みを手放せたと言う。「自分は何が心地よくて、どんなズボラなのかを突き止めて、ラクに片付られる方法を考えて、ストレスから解放されたんです」とてつもなく優しい笑顔の元小学校の先生。「私って、そうだったんだ」と優しくなれる癒しのお片付け講座をする、まさに魔術師。

 
 

 

相原由子さんはそもそもアクセサリーデザイナー、
腱引き師になってルピナスのスタッフになりました。

 
 「太陽光を受けて空間に虹を散らして幸せを招くって
サンキャッチャーに魅せられて。どんなアクセも理屈は一緒!」と
目を輝かせる。オーダーによるパーツの色や形へのこだわりに
人気が出てワークショップも開催、テレビでも紹介された。
細かい作業で肩が凝り、腱引きに出会い施術師になったという。
「肩を凝らさず作れますよ(^^)」 頼もしい幸せ案内人。 
 


 


 


塩野浩子オーナーって、魔女?!

「タロットカード歴も40年近くなっちゃいました」とケラケラ笑う。
大手カルチャーでタロットだけでなくソフト粘土の講師も務める
フラワーデザイナーでもある。実はアロマやハーブにも詳しい。
4人の母で孫もいて介護歴が10年以上。小説も出版2作とくれば、
もう魔女としか言いようがない。
とにかく人を魅了してやまないこの人が語るタロットカードは
とんでもなく面白い。誰もが驚く知識の広さとアッと言う間の90分。
「一度、笑いに来てくださいね(^_-)-☆」

塩野浩子著小説第2弾!『休憩』
記念朗読ライブ
1.16(土)17時~
作者自らの朗読と利久がハートアートでコラボ
●「作品を語る」トークショー●『休憩』サイン会
●入場:2000円(飲食別途要)

※発刊を記念 ルピナス倶楽部読者10名様に本書をプレゼント!
はがき・FAX・メールで『休憩』希望とお書きの上、住所・氏名・電話番号明記でお申し込みください。

 


橋本例子講師は38年間図工の先生でした。
わかりやすい教え方は折り紙つき。

街中で足がつって動けなくなっている人を、
習ったばかりの手のツボで助けた受講生もいます。
知識は荷物になりません。
手にあるツボ地図を覚えれば一生ものですよ。
講座ではテキストだけではわかりにくい指の圧力や
角度を習得してもらいます。
握力の強い人は長生きするという研究結果があります。
手指をケアし健康を守る画期的なセラピーです。

 
 



私たちの暮らしの中にあふれている「ことば」。
音として、ひらがなで、漢字で、カタカナで。
または一文字、ひとこと、文節、文章。
どんな形の、どんなことばの、何に気持ちが動きますか?
どこで出会いましょう。
自分で撮った写真、そっと描いた水彩画、
スクラップなどに言葉を添えて。
テクストの詩に感じたことを言葉に乗せて。
ワークショップ形式だから、そこから「ことば」が集まってきて、
つながって、広がっていきます。
寺田先生の案内で、ことばにふれて、自由に戯れる120分です。



迷彩(一部)
滑り落ちてくる
六月の空を
両掌いっぱいにうけとめ
雨を待つ

 (寺田先生の詩集「みずごよみ」から)



先生ご自身で撮られた写真に、ことばを添えて絵葉書に。
「こんなに短くていいんですか?」
「一言にした方がいいですか?」
「もう少し長くても?」
そんな質問に、先生の答えは「自由よ!」